2010年05月31日

目黒雅叙園で武田双雲

前から行きたかった目黒雅叙園で書家の武田双雲さんの
展覧会があるというので、いってきました。

なんと、出がけに、祖父が戦後一時、自分の仕事が戦争のあと
できなくなり、雅叙園につとめたことがあるときかされ
不思議な縁を感じました。

雅叙園は、きらびやか〜〜〜〜〜エレベーターから
螺鈿?例のヨン様の師匠になった韓国の先生が
手がけたというきらびやかな漆?螺鈿?の扉

そして、木造で都の文化財にもなった百段階段。
初めてでしたが、いってみてよかったです。

友達が一番印象に残ったのは、あの鍵、、、という
昔ながらの木の戸についた鍵、手でくるくるとまわすやつ。

・・・・あの〜〜〜〜〜〜我が家でまだ使っています…笑

書は面白かったです。なんといってよいのかわかりませんが
よく芸術って、なんか難しくてよくわからない〜〜〜@@@と
いうのが多いですが(私には)書はそれなりに、知っている字が
多いし、いろいろ楽しめました。

それで、雅叙園のトイレ〜すごい!トイレだけで
何だか高級和レストランみたいな〜@@@笑

御庭もせまかったですが、滝もあって、しばし喧騒をわすれて
ゆっくりお茶をするにはいいかもしれませんね。

もう少し余裕があったら、また書道をならってみたいとも
おもいました。

昔めんどうくさい〜とおもった、お茶や習字をやりたいなんて
年をとった証拠かな?!


夏休み 合宿免許

Vゾーン ヒゲ脱毛 脱毛器
posted by kyouko at 23:41 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。